CALCUTTA CONQUEST 201HGの購入 101との比較

アドセンス上

昨日は午前様で帰宅したのに朝4時に目が覚めてしまった。

気持悪いのに届いていたリールが気になって早起きするのは釣りキチガイの宿命であろう。

CALCUTTA CONQUEST 201HG

名前のカルカッタコンクエストってどういう意味なんだろうか?

ググルとカルカッタはインドの州都、世界屈指のメガシティ。

コンクエストには征服とか克服とかいう意味があるらしい。。。

インドの州都を征服する? という意味か?釣りと何の関係がある?

州都の近くにガンジス川の支流、フーグリー川があるのでココを指しているのか?

良くわからんワイ。

手元に届いたので開けてみよう。
IMG_4752

この形はもはや無理やり丸型リールというジャンルに落ちつけているかのようだ。
全部で134個の部品で構成されている。
IMG_4753

大きさは101と比べてもあまり変わらないが、ハンドルはやや大きいようだ。
IMG_4754

ブレーキはまずは1個だけ設定してみよう。
IMG_4756

パーミングカップの大きさもさほど変わらない。
IMG_4757

我輩が気にしていたエキサイティングドラグサウンドだが。

想像していた通りのタダのドラグ音だった。。。

ギィュ、ギィュ、ギィュ・・・とまあ、控え目の音でエキサイトしそうに無い。

どうせ滅多にドラグ音なんぞ響かないのだから、タリカに実装されているギャ、ギャ、ギャっというビックリするような音にしてもらいたいものだ

小さいリールには音を響かせるスペースの問題もあるのだろうが、完全にネーミング負けだな。

だが使う、使わないは別として実装されているかどうかは大きな違いだ。

最近のベイトリールでは消滅した機能であるが、技術があるのに使わないのは勿体ない。

このドラグ音を聞かせてくれる魚に出会いたいものである。





ランキング

モチベーション維持の為、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへにほんブログ村 釣りブログ 船釣りへにほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

アドセンス下

関連記事アドセンス

シェアする

フォローする